どら報

中日ドラゴンズを中心とした、野球に関するまとめサイトです。

福田幸之介

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

◇7日 ウエスタン・リーグ オリックス4―0中日(杉本商事バファローズスタジアム舞洲)

 中日のドラフト4位・福田幸之介投手(18)が公式戦初先発。自己最速タイの152キロを計測するなど3イニングを投げて3安打1失点。3四球、1奪三振という内容にまとめた。
 収穫と課題の詰まったプロ初先発となった。初回は先頭の元を直球で右飛に仕留めると、続く茶野は粘られながらも150キロの内角直球で空振り三振。さらに広岡を152キロ直球で一ゴロとし、三者凡退でスタートした。
 2回は安打と四球で1死一、二塁のピンチ。ここは野口を二ゴロ、福永を遊ゴロとして切り抜けたが、続く3回は先頭・来田への四球と犠打で1死二塁と攻め込まれた
茶野は二飛としたが、続く広岡には外角への直球を右前に運ばれて、先制を許した。さらに、内藤の左前打と横山への四球で2死満塁。何とか大城を中飛に抑えて、最少失点で乗り切った。
 降板後の福田は「課題の立ち上がりはよかったけど、その後はリズムをつくれませんでした」とコメント。井上一樹2軍監督は「いいものを持っていて、それをどう生かすか。今日の投球もしっかり振り返ってほしい」と語った。
 地元・大阪での試合ということもあり、母親の寿子さんを含めて多くの知人が観戦に来ていたという。「今日みたいなピッチングをしていたらだめ。もっと練習して、レベルを上げていきたいです」。貪欲に高みを目指していく。

https://www.chunichi.co.jp/article/924324


【【7/7 2軍 D0-4Bs】福田幸之介、収穫と課題が詰まったプロ初先発は3回1失点!今後の成長に期待!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

◇12日 ウエスタン・リーグ 中日4―0広島(ナゴヤ)

 中日のドラフト4位ルーキー・福田幸之介投手(18)がプロ初登板。9回の1イニングを投げ、無安打無失点、2奪三振、1四球と好投した。
 ベンチ入り2日目で出番が巡ってきた。登板前のブルペンで福田は「手が震えた」ようだが、マウンドでは「それはなかった」と言うように、強心臓ぶりを示す鮮烈デビューだった。
 4点リードの9回にマウンドへ。先頭・田村に対して2球で簡単に追い込むと、オール直球勝負で3球三振に仕留め「どれくらい通用するかなと思っていたので、すごく自信につながります」とうなずいた。続く曽根も直球で一ゴロ。2死から中村奨に四球を与えたが、林をここでも2球で追い込むと、最後はスライダーで3球三振。球団計測で152キロをマークし、自己最速を更新した。
 井上2軍監督は「相手も当てにいくように見えたし、球に力があると思った。1イニングとはいえ、いいものを見せてくれた」と評価した。
 大阪・履正社高出の福田と同じ高卒新人のソフトバンク・前田悠(大阪桐蔭高)、オリックス・東松(享栄高)といったライバルがいるが「負けたくない気持ちを持って、明日からまた練習していきたい」と福田。左肩のコンディショニング不良などもありここまで登板がなかったが、プロの第一歩を踏み出した。
 チームは快勝で、今季最多の6連勝とした。

https://www.chunichi.co.jp/article/912326


【【6/12 2軍 D4-0C】ドラ4ルーキー福田幸之介がプロ初登板で2つの三振を奪う!チームは6連勝!!】の続きを読む

このページのトップヘ