中日の濱将乃介外野手(23)が「1番・右翼」でフル出場し、3打数2安打、2四球、1盗塁と活躍した。守備でも強肩を生かして中継プレーを完成させるなど、走攻守で猛アピールを続けている。

 濱が躍動した。まずは1回、阪神の先発・及川の直球を右前へはじき返した。さらに、7回にも岩田のスライダーを中前へ。「体が開かないように意識しました」と変則左腕からHランプをともすと、すぐさま二盗を決めてみせた。

 春季教育リーグは5試合連続安打で、マルチ安打は3戦連続だ。「森野(2軍打撃)コーチと下半身主導で打てるように取り組んできて、良い感じに変わってきています」。計20打数9安打と好調をキープしている。

 守備でも4回に0―4とされ、なおも1死二、三塁のピンチで渡辺の定位置付近への飛球を捕球すると、素早く本塁へ送球。一塁手の石垣と中継プレーを完成させ、失点を防いだ。井上2軍監督は「振れるようになってきたし、守備も肩が強くて安心して見ていられる。良い面も悪い面もあるけど、成長させていく段階の選手。使い続けようと思っています」と期待する。

 「走攻守で使えるコマにならないといけない。もっともっとアピールしていきます」と濱。上を見据え、成長と結果を両立させていく。

https://www.chunichi.co.jp/article/865863

【濱将乃介、走攻守で猛アピール!井上2軍監督も「使い続ける」】の続きを読む