中日が乱打戦の末、阪神に惜敗。春季教育リーグ4連勝とはならなかった。

 3―7の8回、阪神の4番手・森木から4番・鵜飼の右前打を皮切りに2死満塁の好機に。9番の樋口が1ストライクから直球を振り抜くと、打球は中堅手の頭上を越える3点適時二塁打となった。9回にも2死二塁から6番・川越の左越え適時三塁打で1点を返すも反撃は及ばなかった。

 投げては先発の育成左腕・垣越が3回に阪神の高卒ルーキーの2番・山田(仙台育英)に右中間を破られ三塁打に。続く3番・渡辺の三塁への鋭い打球が適時失策となり、先制を許した。その後も、投手陣が粘りきれず計8失点。課題を残す結果となった。

https://www.chunichi.co.jp/article/865777

【【3/9 2軍 D7-8T】8回に3点二塁打など樋口正修が活躍も中日2軍敗れる】の続きを読む