どら報

中日ドラゴンズを中心とした、野球に関するまとめサイトです。

ブライト健太

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

◇22日 ウエスタン・リーグ ソフトバンク2―2中日(タマスタ筑後)

 中日・ブライト健太外野手(25)がマルチ安打と気を吐いた。2安打ともに得点につながるチャンスメークの一打。3回無死一塁では左翼線へ二塁打。延長10回は1死一塁から中前打を放ち、その後満塁となり、一時は勝ち越しとなるディカーソンの押し出し死球につながった。
 「1打席目に三振してその後割り切って強く振りにいけた」。1軍が開幕してもうすぐ2カ月。「早く1軍に行けるようにどんどんアピールしていきたい」と意気込んだ。

https://www.chunichi.co.jp/article/902352


【【5/22 2軍 D2-2SB】早く1軍に昇格したい!ブライト健太が意気込む】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 中日・ブライト健太外野手(24)が29日、打撃での猛アピールで開幕1軍へ滑り込むことを誓った。2軍は1日の春季教育リーグ開幕を前にナゴヤ球場で全体練習を行ったが、ブライトの言葉には強い決意がにじんだ。

 「外野手の中で一番打たないと1軍に上がれない。誰が見ても、上げるしかないという数字を残したいです」

 春季キャンプは1軍北谷組スタートだったが、2月10日に後藤駿太内野手(30)と入れ替わりで2軍読谷組に合流。首脳陣からは「バッティングにムラがあること、守備走塁で簡単なミスが多いので、もう1回やってきてほしい」と言われた。2軍では、間を取ることができずドアスイング気味になっていた打撃の修正に取り組み、「いい方向に進んでいると思います」と語る。

 キャンプ中には、チームに新加入した中田翔内野手(34)が開いた野手会に参加。「翔さんは打撃フォームを毎年変えているという話を聞きました。自分は今までフォーム変更に抵抗がありましたが、その日の状態に合わせて変えていくのもいいかなと勉強になりました」。貴重な考え方もインプットし、あとは実戦で快音を響かせるだけ。「開幕まで時間がない。とにかくアピールしていきます」と意気込んだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/32274b6faca796cc8d038c446f8446c934ed7aad

【ブライト健太、中田翔の『考え方』を学びながら成長】の続きを読む

このページのトップヘ