どら報

中日ドラゴンズを中心とした、野球に関するまとめサイトです。

松葉貴大

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

◇10日 広島6―3中日(マツダ)

 中日の先発・松葉貴大投手(33)が5回途中に降板。4イニング2/3を投げて、8安打3失点という内容だった。

 初回は先頭の秋山に遊撃への内野安打を許したが、続く二俣を併殺打に仕留め、菊池も三ゴロで切り抜け。2、3回も無失点で抑えた。しかし、打線が2点を先制した直後の4回2死一塁で末包の打球が左腕を直撃。ピンチが一、二塁と拡大すると、続く中村健に左前適時打を浴びて1点差になった。さらに矢野の打ち取った当たりが左前に落ち、同点の走者が生還した。
 5回も1死から秋山に右前打を許し、二俣の犠打で2死二塁と攻め込まれた。続く菊池の四球で一、二塁とされ、4番・小園の右前適時打で勝ち越しを許した。ここで立浪監督が交代を決断。2番手・勝野が末包を空振り三振に仕留めた。
 松葉は前回登板だった4月29日のDeNA戦(バンテリンドームナゴヤ)で9イニング1失点の完投勝利を挙げた。この日は、チーム最多の今季3勝目を目指したマウンドだったが、5回をもたずに降板した。

https://www.chunichi.co.jp/article/896894


【松葉貴大、5回途中で8安打3失点で降板 中日先発陣が苦戦】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

◇29日 中日11―1DeNA(バンテリンドームナゴヤ)

 中日の松葉貴大投手が先発し、9イニングを117球7安打1失点で完投。6イニング(3失点)ながら雨天コールドで負け投手となった前回21日の阪神戦(甲子園)以来2試合連続の完投で、完投勝利はオリックス時代の2016年7月29日の西武戦(京セラドーム大阪)以来8年ぶりプロ入り2度目、移籍後では初となった。

 試合後は本拠地でのヒーローインタビューに招かれると「沖縄の読谷で『今年は完投します』と宣言して、誰もできないだろうと思っていたと思います。でも、やりました!」と右拳を掲げた。

 9イニングを投げきり「達成感というか、言葉では言い表せない気持ちになったんですが、いろんな人に感謝を伝えたい気持ちになりました」とかみしめた。完投は今季チーム一番乗り。「僕が完投したということで、他の先発陣がみんな完投してくれると思います。皆さん期待してください」と観客に叫んだ。

https://www.chunichi.co.jp/article/891915
【松葉貴大、有言実行で完投勝利!!「やりました!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


608 どうですか解説の名無しさん (JP 0H55-7Nr3 [124.85.101.201]) :2024/04/29(月) 17:01:40.69 ID:15J1zV2KH
勝ったあああああああああああああああ
松葉おめでとおおおおおおおおおおおおお
スクリーンショット 2024-04-29 182447

【【4/29 D11-1YB】木下1号&細川満塁HR含め11点の大勝!先発松葉がついに"9回完投"!】の続きを読む

このページのトップヘ