どら報

中日ドラゴンズを中心とした、野球に関するまとめサイトです。

津田啓史

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 中日のドラフト2位新人、津田啓史内野手(三菱重工East)が実戦復帰を果たした。

 沖縄春季キャンプで右肩を痛め、別メニュー調整していたが、8回無死一塁から板山に代わって代走で出場。その後は尾田の左犠飛で本塁へ生還した。この回には公式戦初打席が巡ってきたが死球だった。

 「やっぱり試合に出ると楽しかった。ようやくスタートラインに立てた」と語った。

https://www.chunichi.co.jp/article/871784


【ドラフト2位の津田啓史、実戦復帰で代走出場!初打席は死球・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 右肩を痛めて別メニュー調整している中日のドラフト2位ルーキー・津田啓史内野手(21)=三菱重工East=が6日、中日屋内練習場で離脱後最長となる40メートルの距離でキャッチボールを行い、順調な回復ぶりを披露した。

 「投げる距離も伸びてきているので順調にきていると思います。ここから万全の状態にしていきたいと思います」 

 沖縄キャンプ中の2月13日に北谷での練習で右肩を痛め、その後は2軍調整に。ノースロー期間を経てこの日は最長距離でのスローイングを行い、7日からはノックを受けてからの送球も再開する予定という。

 ここまで着実にステップを踏み、早ければ週明け12日のウエスタン・リーグ春季教育リーグのくふうハヤテ戦(ナゴヤ)から実戦復帰する可能性が出てきた。

 離脱をきっかけに体の可動域も広がったようで「良くなったことが多いので今後のプレーに生かしていきたい」と津田。1軍定着を1年目の目標に掲げるが「そのステージを目指してアピールしていきたい」と前を見据えた。

https://www.chunichi.co.jp/article/864065

【中日2位ルーキー津田啓史、順調に回復 週明け実戦復帰へ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 春季キャンプで右肩を痛めて2軍の読谷組となった中日のドラフト2位・津田啓史内野手(三菱重工East)が27日、両手でのティー打撃とキャッチボールを再開した。

 5メートルの距離から始めたネットスローを20メートルまで伸ばし、この日キャッチボールまでこぎつけた。実戦復帰時期は未定だが「痛みとかはもうないので、いける感覚はある。徐々に良い方向に向かっていると思います」と前を見据えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c46b383af0669e8248caba495dc565c384a4a6c8

【中日2位ルーキー・津田、右肩の状態は万全!再びピッチに復帰へ】の続きを読む

このページのトップヘ