どら報

中日ドラゴンズを中心とした、野球に関するまとめサイトです。

鵜飼航丞

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

◇22日 ウエスタン・リーグ ソフトバンク―中日(タマスタ筑後)

 中日・鵜飼航丞外野手(24)が「8番・左翼」で先発出場。2回の走塁の際に右足を痛めたとみられ、負傷交代した。
 2回2死一、二塁で打席に入った鵜飼は、カウント1―1からの3球目をたたき、三塁へ痛烈な打球を放った。打球を処理したソフトバンクの三塁手・井上から一塁手の野村大へ送球。全力疾走した鵜飼は野村大と交錯して転倒。しばらく立ち上がれず、福田2軍打撃コーチとトレーナーに抱えられてベンチに退き、2回裏の守備から交代した。

https://www.chunichi.co.jp/article/902252


【鵜飼航丞、負傷交代でベンチに退く SB戦での交錯で右足を痛める・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

◇7日 ウエスタン・リーグ 中日2―1ソフトバンク(ナゴヤ)

 中日・鵜飼航丞外野手(24)が「7番・左翼」で先発出場し、土壇場の9回にサヨナラの2点適時二塁打を放ってアピールした。チームは、今季初の同一カード3連勝で4連勝となった。

 劇的な勝利は1点を追う9回2死、走者なしからだった。ビシエド、川越の連打が生まれ、2死一、三塁で打席に立ったのは鵜飼。ソフトバンクのドラフト2位右腕・岩井に2球で追い込まれたが、カウント1ボール2ストライクからの4球目のスライダーに食らい付くと、打球は左中間を真っ二つに破る二塁打に。代走の樋口と辻本の2人が本塁へ生還し、逆転サヨナラ勝ちした。

 「今日はボールの見え方が良かった。全打席、背筋を立てることを意識して、追い込まれていたのでノーステップ気味にいった。長打になるとは思わなかったし、最後に結果となってよかった」

 今季は開幕を2軍で迎え、ここまで打率は1割8分8厘。この日は3試合ぶりに「H」ランプをともした。井上2軍監督は「アイツのパワーが生きた。前が開かずパーンと打った形も良かった。普段からこうやってできれば少し確率も上がる。打席に立てば相手がビビるわけだから、それを逆利用してほしい」と期待した。

https://www.chunichi.co.jp/article/880629


【【4/7 2軍 D2-1SB】鵜飼のサヨナラ2点タイムリーツーベースで勝利!!SBを3タテ!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 中日の鵜飼航丞外野手が「7番・右翼」でスタメン出場した鵜飼がマルチ安打をマークした。7回2死二塁で迎えた第3打席でフルカウントから西武3番手・渡辺の真ん中低めカットボールを詰まりながらも中前へと落とし、一時は同点となる適時打に。さらに9回無死一塁では4番手・宮沢の147キロ直球を左前へとはじき返した。所沢遠征から合流した背番号4は「4打席目に真っすぐに対して強い打球が打てたことは良かったけど、まだまだ」と気合を入れ直した。

https://www.chunichi.co.jp/article/867823


【鵜飼航丞、所沢遠征から1軍合流しマルチ安打を決める!】の続きを読む

このページのトップヘ