どら報

中日ドラゴンズを中心とした、野球に関するまとめサイトです。

祖父江大輔

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

◇27日 ウエスタン・リーグ 広島0―5中日(マツダ)

 中日・祖父江大輔投手(36)が1点リードの7回に救援登板。1死満塁のピンチを無失点で抑えた。通算500試合登板まで残り32に迫るベテランは再昇格に向けて腕を振る。

 経験値が違う。1点リードの7回。先発・松木平が招いた1死満塁のピンチで井上2軍監督がマウンドに送ったのは祖父江だ。最初に迎えた韮沢には、カウント1―1から内角134キロスライダーで浅い右飛。続く中村貴は真ん中低めに沈むフォークで空振り三振。無失点で切り抜けた36歳は、ポンとグラブをたたいた。「一生懸命投げただけ。無失点で終われてよかった」と振り返った。

 今季も開幕1軍スタート。だが4月18日ヤクルト戦(バンテリン)で満塁弾を許すなど1イニング4失点で再調整となった。自身でも気にしていたのは、直球の球速。今季5試合の平均球速は144キロ。昨季は平均147キロだった。映像を見比べて「上半身に頼った投げ方をしていた。今は下半身主導の意識で」。この日投じた真っすぐ2球は145キロ超えだった。

 井上2軍監督は「ああいう場面でなんとかしてくれるのは、祖父江でしょう。1軍でも同じ。本人が課題を自覚して取り組んでいるし、ファームにいる時間をうまく使って、また1軍への道を開いてほしい」と話した。

 「抑え続けていけるように頑張ります」と祖父江。通算500試合登板まで残り32試合。再び1軍の舞台に返り咲き、大台への数字を積み重ねる。

https://www.chunichi.co.jp/article/891218


【【4/27 2軍 D5-0C】祖父江大輔の再昇格への道、格の違いを見せる】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

◇18日 中日5―11ヤクルト(バンテリンドームナゴヤ)

 中日・祖父江大輔投手が9回に痛恨の満塁弾を浴びた。
 8回に2点差に追い上げた直後に4番手で登板。2死から連打と四球で満塁のピンチを招くと、2回にソロ本塁打を放った3番・オスナに2球目の142キロ直球を左中間へ運ばれた。

 試合後、大塚投手コーチは祖父江の2軍降格と、19日の阪神戦(甲子園)から福谷を中継ぎで1軍昇格させる考えを明かした。

https://www.chunichi.co.jp/article/886617


【祖父江大輔が痛恨の満塁弾を浴び、2軍降格決定。代わりに福谷が1軍昇格】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 中日・祖父江大輔投手(36)が7回に登板し、1イニングを三者凡退に抑えた。先頭の北村を遊ゴロに仕留めると、浜田を三ゴロ、赤羽を空振り三振に。わずか10球で相手を料理した。

「前回の反省をいかして投げることができました」とコメントした右腕は2月25日の阪神戦(北谷)では連続四球でピンチを招いていた。昨季まで通算465試合に登板しており、500試合登板イヤーの開幕へ準備を着々と進めていきたいところだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/00ce545432d4e4fbb36a70e3de7aba70865d757c

【祖父江大輔、500試合登板イヤーの開幕へ万全の準備完了!】の続きを読む

このページのトップヘ