どら報

中日ドラゴンズを中心とした、野球に関するまとめサイトです。

クリスチャン・ロドリゲス

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

◇21日 ウエスタン・リーグ ソフトバンク8―2中日(タマスタ筑後)

 中日の新外国人クリスチャン・ロドリゲス内野手(22)が「8番・遊撃」で先発フル出場し、2回に適時打を放つなど来日初の3安打を放ち再昇格へ猛アピールした。課題とされている打撃でしっかりと結果を残した。

 「チームは負けてしまったけど、自分自身は今日の結果にはすごく満足している」
 まずは1点を追う2回2死一、三塁で迎えた第1打席で勝負強さを発揮した。ソフトバンクの先発で新人・村田の初球の変化球を中前へはじき返し、一時は同点となる適時打とした。5回には先頭で左中間へ二塁打、7回は1死から左腕・大城に追い込まれながらも中前へ3安打目を放った。
 井上2軍監督は「今日は頼もしく見えた。成長してもらわないといけないし、こういう結果が続いていけば打順も7番とか6番でもいいのかなと思う」と期待を寄せた。
 今季は育成選手として来日し、遊撃の守備力が認められ支配下登録。開幕スタメンを勝ち取ったが、8試合に出場して4月25日に出場選手登録を抹消された。1軍再昇格へ向けロドリゲスは「やるべきことをしっかりやって少しでも早く1軍に上がりたい」と意欲を見せた。

https://www.chunichi.co.jp/article/901877

【【5/21 2軍 D2-8SB】ロドリゲスが来日初の3安打!再昇格アピール果たす!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

◇29日 ヤクルト―中日(神宮)

 中日のクリスチャン・ロドリゲス内野手が「8番・遊撃」で出場し、来日初安打を放った。

 2―1の6回2死走者なしで迎えた第3打席。ヤクルト・星に3球で追い込まれながらもフルカウントに持ち込み、ファウルで粘りながら11球目の直球をはじき返した。打球は遊撃手の横を抜けて中前へ転がり、記念すべき来日初安打となった。

 ロドリゲスはキューバ出身で今季から育成選手として中日に入団。春季キャンプ中から肩の強さと華麗な遊撃守備が評価され、開幕直前に支配下登録。そのまま開幕スタメンを勝ち取った。21歳のシンデレラボーイが日本に第一歩を刻んだ。

https://www.chunichi.co.jp/article/876200

【ロドリゲス、来日初安打をファウルで粘りながら記録!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1 ニーニーφ ★ :2024/03/28(木) 19:08:47.71 ID:2kd9Ig6q9
 中日のクリスチャン・ロドリゲス内野手(21)がジャパニーズ・ドリームをつかむ。育成契約で来日し、開幕前に支配下契約をゲット。一気に開幕ショートを任されるカリビアンは、日本球界からのオファーを待っていたと明かした。

 「自分の能力に自信があった。いつか日本から声がかかると思ってキューバで頑張ってきた。日本で稼いだお金を家族へ送らなきゃいけない。チャンスは来ると思って一生懸命きょうまで頑張ってて、こうやってかなった」。ハングリーな日々を振り返った。

 U―23のキューバ代表。昨年11月にはニカラグアで開かれた国際大会に召集されている。かつての名遊撃手で、ナショナルチームの首脳陣ヘルマン・メサ(56)が「みんな亡命してしまう」と語るほど、キューバの抱える国籍とプレーする舞台の不一致問題は根深い。ロドリゲスは声を掛けられてキューバに残留していたのか、オファー自体がなかったのか。

 「自分には(オファーは)なかった。同世代は少しじゃない、とても多くが(米国へ)行った。でも、自分は正式に海外に来られた。キューバは落ち着いて帰る場所。日本にいられてうれしい」。母国の先輩で、ソフトバンク・グラシアルやデスパイネらの年俸を聞き、日本は数百万ドルを得られるステージだと知ってオファーを待った。

 目標は母国での自動車と自宅の購入。「お金をもうけるとリラックスできるという人もいるけれど、僕は謙虚にいくよ」。開幕3戦目の31日は22歳の誕生日。堂々と海を渡った背番号95が、日本の首都からロドリゲスの名をとどろかせる。

中日スポーツ

https://www.chunichi.co.jp/article/875542

【キューバの同世代が亡命する中、ロドリゲスは日本での新たな挑戦に臨む】の続きを読む

このページのトップヘ